« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

フードがいるね。

天気:曇り
風力:4
風向:北
波浪:4
気温:21℃
水温:20℃
透視:10〜15m

昨日と同じような海でしたが、曇っている分寒く感じました。
低気圧のせいか、荒れた海でした。

1本目 新漁礁~ヤッタ根

昨日と同じコースをとりました。
ハクセンアカホシカクレエビやモンガラカワハギはいつものところにいつものようにいました。

Mongara

昨日見えなかったアカモンガラが定位置に帰ってきていました。
ヤッタ根の上でお客さんが手招きをしていたので行ってみると、モンツキベラの幼魚がいました。

Montuki

帰りがけ漁礁のそばにウイゴンベが2匹見え隠れしていました。
また、透き通ったようなスナイソギンチャクに小さな小さなマルガザミが着いていました。

Hatatate

2本目 松根

まっすぐに小さなカエルアンコウへ向かいました。
するとそのすぐそばに大きめのカエルアンコウがいました。
でもあまりにもぼろぼろの風体で、ゴミかと思いました。

Kaeru

東に向かうと昨日の赤いカエルアンコウ。

Kaeru2

そして瓦の下には金色のコケギンポ。
アカホシカクレエビなどを見ながら松根の西に回るとフウライチョウチョウウオがまだいました。

Huurai

ちょっと寒い海だったなぁ。
帰りの船は大波の上をサーフィンのように帰りました。

<げんあっつー>
Phot by Shida.

2011年10月29日 (土)

北風の坂田

天気:晴れ
風力:2
風向:北
波浪:3
気温:22℃
水温:22℃
透視:10〜12m

北風で冬の坂田を感じさせる海でした。
でもまだまだ南の魚が元気です。

1本目 新漁礁~ヤッタ根

北に向かいハクセンアカホシカクレエビを探すと先週黒いスナイソに着いていたハクセンが今週は白いスナイソに引っ越して、黒いスナイソにはマルガザミが潜んでいました。

Marugazami

Hakusen

ヤッタ根の北方面に向かい、レンテンヤッコとモンガラカワハギを探しましたが、モンガラしか見つかりませんでした。
レンテン動き回っていたから、またどこかに引っ越しちゃったんだな。
ケーコがちっちゃいちっちゃい、多分エダウミウシを教えてくれましたが、僕の目には辛いものがありました。
深いところにゴンズイがブランチをしてました。ゴンズイ玉で移動しているというよりもみんなでご飯食べてる感じでした。

Mongara

Minami

Eda

Gonzui_2

帰りがけに水深19mにミスジスズメダイを確認。
ツマジロモンガラとかシラコダイとかセジロノドグロベラとかいろいろ見ながらエキジット。

Misuji

寒い海になりましたがまだまだ南の魚が元気です。

2本目 松根

ロープ掃除のために潜ったのですが、前半遊んでしまいました。
このところしばらくじっとしていてくれている小さなカエルアンコウ。
いたいた。
いつものところに。

Kaeru

ほんと、かわいいね。
で、先週いたもう一匹を探したけど見つからず、かわりに東の方にいたというカエルアンコウを見つけました。

Kaeru2

あまり可愛くない・・・。

近くにアオリイカが10パイくらいひらひらしてました。
シラコダイやツマジロモンガラもいました。

Tumajiro

落ちている瓦をめくると、瓦の下のコケギンポも健在。
こいつ暗いところが好きなのかなぁ。
変わったやつだ。

Kokekawara
Koke

海は冬の予感。
でもみんな頑張ってる。
あっ、遊んでる場合じゃないじゃんか。ロープ掃除しなくちゃ!
そのあと少ないエアーで頑張ってロープ掃除しました。
ちょっと残ってしまったぜ。

<げんあっつー>

2011年10月23日 (日)

べた凪のキレイな坂田の海

天気:曇ったり晴れたり
風力:1
風向:南南西
波浪:1
気温:26度
水温:23度
透視:10〜12m

1本目 松根
2本目 カロウ根
別便 ビーチ
Photo_2 S_008
今週末は天気が悪いとの天気予報のせいか?ダイバーのゲストが少ない坂田でした。
「みたものはカエルアンコウやアワビクマノミにツノダシ1本目はホントに透明度がよかったです。
2本目はカゴカキダイの群れが200匹いたとゴトさんが行ってました。イスズミの群れもすごくて今まで坂田に潜った中で一番魚が多かったです。他にはハタタテダイやサザエもみました。」
と高校一年生のうみほがコメントしてくれました。

私みみぬっきーは魚を産んだお母様と一緒にビーチエントリー。
ビーチも負けずに魚群だらけ。
トゲチョウチョウウオの幼魚やカゴカキダイの赤ちゃんなども沢山。
イワシの群れがぴょんぴょん水面飛んでいて、頭に当たってしまうくらいでした。

「できること、もぐること」にエントリーしたシークロップ。
http://www.dekimogu.net/link.html
000awa
今回はオレンジのリングをつけてみんなで潜る。

S_006S_002
記念撮影を撮る。

000umiho
東北の復興を願う。

000sora

みみぬっきからの報告でした!

2011年10月22日 (土)

いい海じゃん!

天気:曇ったり晴れたり雨降ったり
風力:2
風向:北東から南南西
波浪:1
気温:24度
水温:23度
透視:10m

朝早く、お店に向かう車を運転しながら思ったこと。
富津中央から通行止めじゃねぇか。こんな土砂降りで海に行くお客さんなんかいるのかね。
でもお店に近づくほどだんだん雲が切れてきて、大きな虹も見え、到着したころには晴れました。
坂田の天気と坂田の海は行ってみないとわからない・・・

1本目 新漁礁~ヤッタ根

ボートで移動中の海は東京の川のように濁っていて期待薄。しぶしぶ新漁礁へエントリー。
そしたらなんと!!すごくきれいな水の色。やったー!!!
みんなで東北支援イベント「できること。潜ること。海から元気」用の記念写真を撮って新漁礁から東へ向かい、いなくなったかもしれないモンガラカワハギを探しにのんびり移動。
漁礁近くのハクセンアカホシカクレエビをスルーして18mの深いところのスナイソギンチャクに棲んでいるマルガサミを発見。
そこからちょっと移動したところに変わった色の魚発見。
あれ?前に松根にいたレンテンヤッコだ!
と、そのすぐ近くに行方不明だったモンガラカワハギ発見!
きっと南の魚どうしで近くにいたいんだろなぁ。
近くに悪そうなコブダイが2匹うろうろしていました。いじめるなよ!
帰りがけ、白いスナイソギンチャクにハクセンアカホシカクレエビが着いているという情報で白いスナイソを探したけど見つからず。代わりに黒いスナイソのそばにクリーニング順番待ちっぽいイラがいたので近くに寄ってみると案の定ハクセンアカホシカクレエビがいました。

Hakusen

Renten

2本目 松根

天気予報に反して海の中が明るい。
最近いるらしい小さなカエルアンコウを探して松根南側の広場をうろうろしました。
先にエントリーしたお客さんの手招きで行ってみると、いたいた小さなカエルアンコウ。
オレンジで僕の親指の爪の半分くらい。
そのすぐ近くに10センチくらいのカエルアンコウ。

Kaeru

Kaeru2
僕らのチームは見なかったけど、その東にももう一匹いたらしいよ。
いつもは通り過ぎるこの広場は、よくよく探せばカエルアンコウの広場だ。
で、その広場に落ちていた瓦をそっとめくったら、あ~!金色のコケギンポ!
広場あなどれない。

Koke_2

午前中深かったので浅い松根のまわりだけ移動。
いるいる、ヨコシマクロダイだのアブラヤッコだのフウライチョウチョウウオだの。
まだまだ面白い。

Furai

Abura

天気もお店も、来てみないと何が起こるかわからない坂田。
今日みたいなことがあるから、面白いんだよなぁ。

<げんあっつー>

2011年10月16日 (日)

ボート隊&ビーチ隊の坂田ダイビング

沖のファンダイビングボート組&ビーチのクリーアップ組に分かれての坂田ダイビング。
今回の報告はビーチ隊からです。

うみどっく〜チームは本日、ファイヤービーチ潜り倒しdayでした。

天気:くもりのちはれ
気温:24℃
風向き:南よりの風
水温:23〜4℃
透明度:4〜5m
1本目ファイヤービーチ
2本目ファイヤービーチ
3本目ファイヤービーチ
4本目ファイヤービーチ

浅場を移動しているとちっちゃい魚が・・・
見た感じキンチャクダイ幼魚かな?とも思ったけど、よく見ると、カワハギみたいな感じで黄色い縁取りがある魚でした。
一体なんという魚なんだろう?

海藻のそばには、これまたちっちゃいサヨリっぽい魚がいたり、キュウセンがいっぱいいました。
ゴミ拾いまくったから、ビーチきれいになりました〜
沖には、昨日いたチビチビカエルアンコウがいてくれたそうですよ〜

2011年10月15日 (土)

南風が強かったけど、潜れちゃいました

天気:くもりのち雨時々くもり
気温:24℃
風:南〜西南との噂

 1本目松根
 エントリー 10:52
 エキジット 11:49
 ダイブタイム 57分
 最大水深 15.6m
 平均水深 11.6m
 水温23.0℃
 透視度 10m
 透明度 10m

ブイから松根のロープ沿いに1cmほどのオレンジ色のカエルアンコウがいた
という情報の元、探しながら松根へ。
なかなか見つからず、諦めかけて東へ向かった時にオレンジ色の小さな物体を発見。
最初はカイメンかと思って近づいてよ〜くみると目がありました。
カエルアンコウ発見!!!チビチビで、ちょ〜かわいい〜!!
観察してると、いっちょ前にアクビとかしてました。

ミナミハコフグの赤ちゃんを探しながら東へ・・・
が、いませんでした。
帰りにチビチビカエルアンコウにご挨拶してエキジット♪♪♪

 2本目
 新漁礁〜ヤッタ根
 エントリー13:59
 エキジット14:51
 ダイブタイム52分
 最大水深17.3m
 平均水深13.7m
 水温23.2℃
 透視度10m位
 透明度10m位

モンガラカワハギの赤ちゃんにご挨拶Dive。
ヤッタ根に向かう途中で一升瓶拾ったら重かった。
瓶の中の砂出したり、フジツボ取りながらだったから周りあまり見てない。
モンガラちゃんとハコフグ赤ちゃんが一瞬だけ一緒に見られました。
その後ハコフグの赤ちゃんはどこかにかくれてしまいましたが、モンガラちゃんは目の前を結構フラフラしてくれました。
前に見たときよりも大きくなってきているような気がします。
モンガラ待ちしていたら、目の前にニシキウミウシがいました。
ニシキだけど1匹ね〜。
モンガラちゃんに別れを告げて新漁礁に戻ると、ムレカゴカキダイが。
イソギンチャクには、ちっちゃいミツボシクロスズメダイがいました。

海の中は穏やかだったのに、船に上がるとワサワサしていて酔いラーには辛い海でした。

報告:うみどっくー

Photo

Photo_3

Img_3301

2011年10月12日 (水)

作業でしたが、とってもきれいな海でした

ポイント:小網
 天気:晴れ
 気温:25度
 最大水深 14.0m
 平均水深 10.8m
 水温23.4℃
 透視度 15m
 透明度 15m

漁師さんの小網交換のお手伝いで成田さんと一緒に潜りました。

1本目は固定してある網を海から外します。
作業でゲストがいないので、全くのマイペースの成田さん。
すげ〜〜感動するほどのトドのような優雅な泳ぎと動きと網の判断能力に久々に衝撃的なダイビングでした。
私はひたすらCカンを受け取っては、指示通りに成田さんと漁師さんの本船を行き来するだけです。
ガクヤには小さなハタタテダイの子供達がいたり、アミメハギがロープについていて、ちょ〜かわいい〜。

2本目は新しい小網を入れる作業です。
船のウインチで網を近づけて、ダイバーがCカンをはめ込み、またロープを船に戻す。
ダイバーはまるで漁師のわんちゃんのような動き?泳ぎ?従順さ?が必要って感じの作業です。
潮の流れもそこそこあり、ドライスーツじゃなくてロクハンにすればよかったと、心の中で実はこっそり後悔。
前日に「ドライじゃ仕事にならない」って言われていたのに
「足は引っ張るかもしれませんが、それは能力不足でドライを理由に仕事ができなくなることはありません」
と相変わらず生意気なことを言ってしまってました。
よって、水没しようが、潮がはやかろうが、汗ぼつしようが、絶対に大変なふりを意地でもみせませんでした。が・・
次回成田さんと二人で作業の時は絶対ロクハンにしなくては!と堅く心に決めたのでした。

作業中、ボラの大群の群れが私のそばを通っていきます。
設置の途中なのに、美しい形のカンパチの群れ大量。
成田さんは「200キロはある」と言ってました。
しかし、透明度はよかったな〜。
ところにより20mくらいはみえたのではないでしょうか?

報告はみみぬっきーからでした!

2011年10月 9日 (日)

秋晴れ

天気:晴れ
風力:2
風向:北東
波浪:2
気温:24度
水温:22度
透視度:8~10m

1本目 新漁礁~ヤッタ根~小カロウネ
エントリーしてアカモンガラを見ました。すぐそばにハクセンアカホシカクレエビがいました
ゆっくりみんなでヤッタ根に。残念ながらモンガラカワハギは移動していたらしく、見つけることが出来ませでしたが、他のチームが北方面へ居たのを発見したそうです見たかったな・・・
小カロウネに向かう途中、シロミノウミウシを発見。超小さくて可愛かったです。流れもなく水温は少しづつ下がってはいるものの、マッタリとしたダイビングができました
2本目 松根
午後も流れもなく、メバル岩へ。イシガキダイやイシダイが沢山いました。すぐ近くに、小さなイボイソバナガニ。ツボ岩付近にコガネスズメダイの幼魚やニシキウミウシ、ガラスハゼを見て、ハナガササンゴのいつもの場所にクマノミの赤ちゃん

ガラスハゼの付近にイイジマフクロウニが居てひっくり返ると1センチくらいのゼブラガニの赤ちゃんが2匹ついていました。松根に戻り、船に向かう途中、ちょーー小さいイロ?カエルアンコウを発見大きさは3㎝くらいで綺麗なオレンジ。すっごく可愛かったですすぐ隣に、大きなカエルアンコウ。小さなカエルアンコウの後だけにデカかった(笑)
船に上がってみんなで「可愛かったね~」と感動を分かち合いました。しばらく居るといいな・・と思うケーコでした
今日は連休で沢山のお客さんが来てくださいました。ありがとうございました


jpgK
アカモンガラ(YG)

jpgK

jpgK
モンガラカワハギ(YG)

111009 009jpgK1
ツマジロモンガラ(YG) / キンチャクダイ(YG)

jpgK
ミナミハコフグ(YG)

jpgK
ノコギリハギ

写真提供KBT

2011年10月 5日 (水)

ふぁんだいぶ

10月4日 (火)

今日は、3時間半の道のりをかけてお客様が来てくださいました。
沖へ作業に出る予定でしたが、 ひとりN社長をカロウ根沖で降ろし、新漁礁~カロウ根へ遊びに行ってきました。

天気:曇り
風力:2
風向:東
波浪:1.5
気温:21度
水温:24度
透視度:10m

潜行する私達を最初に楽しませてくれたのは、カゴカキダイ40~50匹程の群れ。
カロウ根のトップ辺りでは、キャンディの箱をひっくり返したように、キンギョハナダイ、スズメダイ, ベラの仲間達が華やいでいます。
下の層では、コロダイ、イシダイ、イシガキダイが悠然と...
視界の端に、“えっ?!”と思うモノが入り見てみれば、主のような雰囲気をまとって、大蛇のようなウツボがゆらゆらと泳ぎ去っていきました。
エダミドリイシサンゴも、掌を広げた以上に大きくなっているものもあります。

浮上時にそっと現れたツバメウオ
まだまだ暖かい海が続きますように。

午後は、作業員となりました。
                                      (ヨーコ)        

2011年10月 2日 (日)

水中のほうがあったかい

天気:曇り
風力:2
風向:北
波浪:2
気温:22度
水温:24度
透視:15m

1本目 松根

曇っててちょっと肌寒く感じたけど、港の海面は澄んでいてチョー期待して新漁礁へ。
入るとすぐに魚の群れ。透き通ってきれいな水の色に大満足。

1gyosyo

モンガラカワハギに会いに行きました。
ヤッタ根のいつものところにイシモチやネンブツダイのふりをして泳いでいましたが
ばればれなんだよー

2mon

少し南のほうを散歩しているとハコフグの赤ちゃん。
ミナミハコフグと違ってよく見ると 黒い点々のほかに白い点々が見えるね。

3hako_2

帰りがけに18.7mのちょっと深いところに行ってみるとスナイソギンチャクに
ハクセンアカホシカクレエビらしいのがいました。
写真で確認すると、ちょっと首根っこのハクセン見えるかな。

4hakusen

上がり際、ぼろぼろのツバメウオが見送ってくれました。

5tubame

2本目 松根

潮が出ていたのに無理やり西へ。
ムチカラマツエビを確認したくて新新漁礁方面に向かいました。
途中小型アカホシカクレエビなどを見ながら黄色のムチカラマツについている大きめな
ムチカラマツエビを確認。
漁礁近くの白いムチカラマツについていた白いムチカラマツエビを見に行きましたが
あの台風にも関わらず、ちゃんと着いていました。
それも育って大きくなっていました。

6muti

松根に向かうと途中の岩の下にノコギリヨウジが撮ってくれと言わんばかりにポーズ
してたので写真機を向けました。

8nokogiri

そしたらなんとレンテンヤッコを見っけちゃったんです。

7renten

で、そのあとすぐに

9nani

10nani

って、なによこれ。
おせーて、これ、おせーて、なにこれ?

後日おのじに教えてもらったんだけど、アブラヤッコの幼魚らしいです。

<げんあっつー>

2011年10月 1日 (土)

南総里美祭りの館山海中より

天気:曇り
風力:2
風向:北東
波浪:2
気温:24度
水温:25~26度
透視:3~4m

午後1本のみ 松根
今日は午後から松根にダイビング。風は北東が少々、曇り空だけどウエットスーツのダイバーには寒くないよ!
水温は25~26度で全然寒くない!秋の海中は暖かい
さて私が今日、水中で何を見たかといいますと~カワハギとミノカサグ!それのみ!!
実は水底のガイドロープの掃除をしていたのでほとんど回りを見ていなかったんです。
(げんあっつーも、ロープ掃除いつも頑張っています)
それでも視界に入ったのがさっきの2種類。カワハギはロープから落ちるフジツボの欠片なんかに集まってくる。目の前をウロチョロしていて時々何かをつついてる。危ないくらいに水中ナイフの近くに来るくせに、絶対にあたらない!うまくよけるもんだ!
ミノカサゴはフィンの近くでホバリング。フィンに貼ってある猫のシールが何故か気になるみたいで、シールが動くたびに追いかけてくる。食べられないのにね~
そんな魚達と一緒にロープ掃除をしてきました。みなさん、綺麗になったガイドロープを次回のダイビングで使ってね
秋真っ盛りの館山の海中より 〈うみどっくー〉

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »