« 風向き待ち | トップページ | きれーい »

2011年12月17日 (土)

つめたーい

天候:晴れ
風向:北
風力:2
波浪:2
気温:10°
水温:16°
透視度:15m

寒い、というより冷たいという言葉が心に浮かぶけど、それを言っちゃぁいけないような気がして「いい天気だなぁ」とか言って自分をごまかしながら潜りました。
でも海はまだまだ秋してました。

1本目 カロウ根~ヤッタ根

カロウ根久しぶりに行きました。
レンテンヤッコのちっちゃいやつがいたんだけど、穴の中に隠れちゃって写真撮ることができませんでした。
透視度はよかったのに、カロウ根から北に向かうと雲がかかったように透視度が悪くなってきました。
それは海水が濁っているのではなく、ネンブツダイの群れでした。
すごい量。すごい量。すごい量。
思わずそのネンブツダイの雲の中に突っ込んで行きましたが、あれだけいると人間が怖くないのか全然逃げる様子がない。
あまりの多さに地形もなにも見えなくてここがどこだか分らない。
ネンブツダイなのに感動しちゃいました。
ヤッタ根に行ったら、まだモンガラカワハギが元気でした。
ハクセンアカホシカクレエビも元気でしたよ。

2本目 松根

頭痛いくらい冷たかった。
新漁礁にはイスズミの群れ。
ムチカラマツのエビは探すことが出来なかったけど、オシャレカクレエビは見つけました。
ミツボシクロスズメダイやクマノミはまだ元気でした。
ミナミハコフグの幼魚なんかもいて、こんな冷たい海なのに、まるで絶好調の秋の海みたいで調子狂っちゃいました。
寒いのは僕だけ?

<げんあっつー>

« 風向き待ち | トップページ | きれーい »