« つめたーい | トップページ | 年末の海 »

2011年12月18日 (日)

きれーい

天候:晴れ
風向:西~北西
風力:2
波浪:2
気温:10°
水温:17°
透視度:20→15m

1本目 松根

船の上から底が見えました。
砂地に点在するオオトゲトサカが何となく見えました。
エントリーすると上のほうから底の地面のトサカがはっきりと確認できるほどの透明度。
それだけで気持ちのいいダイビングでした。
寒いのはこの際置いておいて、ふらふらと水中散歩を楽しみました。

2本目 新漁礁~カロウ根

ちょっと透視度が落ちたけど、それでも水は澄んでいてきれい。
タコが巣穴に入りきれず、色と形を変えながら一所懸命隠れていて、からかおうと思ったけど可哀そうだからいたずらしないで見て見ないふりをしました。汗かいてたよ
コカロウ根では昨日と同じく雲みたいに大勢のネンブツダイの群れ。
その中を悠々と泳ぐコブダイ。
カロウ根にはフエヤッコやヨスジフエダイ。
大きな大きなイソギンチャクエビの夫婦もいました。
まるで南の島みたいな生き物達がいっぱいなのに、なんで僕はふるえているのだろうか。
僕って越冬できるの

Yosuji
Isogin1
Isogin2

<げんあっつー>

« つめたーい | トップページ | 年末の海 »